きいねっと紹介

はじめに

「きいねっと」は、和歌山市が教育用に稼働している教育情報ネットワークシステムの呼称です。

命名の由来

和歌山は、かつて「紀伊の国」」と呼ばれていました。和歌山市の児童・生徒のみなさんの学習の「キイ(鍵)」になるように、 また、これからの時代の「キイ・パーソン」が生まれることを願って『きいねっと』と命名しました。

「きいねっと」のネットワーク

「きいねっと」は、和歌山市教育委員会と市内の小中学校(中学校18校1分校・小学校53校2分校)をつなぐ教育用ネットワークです。 このネットワークは、外部から各小中学校にアクセスすることができないシステムです。 現在、ご覧頂いているのWebサイトは外部の公開用として提供しているものです。
「きいねっと」には、児童・生徒用ポータルサイトと教職員用ポータルサイトがあり、児童・生徒には学習の場として、e-Learning、掲示板、学習リンク集、教材データベース等が提供されています。

「きいねっと」とは

「きいねっと」は情報教育を進める中で、次の4つのことに関して学習の場を提供しています。

▼個別に学習する
「きいねっと」には、e-Learningとしてインターネットを介した理解度に合わせたドリル学習や習熟度を深めるためのプリント教材等が用意されています。

▼情報を発信する
「きいねっと」には、学校ごとの掲示板や、クラスの掲示板、学校間交流のための会議室など、様々なかたちで、情報発信のためのポータルが提供されています。

▼情報を集める
「きいねっと」には、子供たちがインターネットを利用しやすいように、教育に役立つホームページを集めた、「リンク集」が用意されています。

▼情報を蓄積し、共有する
「きいねっと」には、学習用の教材として利用できそうなデータをデータベース化して蓄積する「作品集」、「教材」のポータルが用意されています。また、行事予定表や連絡用の掲示板などを利用して、他校との情報交換ができます。

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です